キモイけど実はイイヤツなんです。怖いのに何だかかわいく思えてきちゃう生きもの図鑑

辛口評価:★★★☆

一般的ではない珍生物を知る事ができる。子供向け

本の内容

約69種類の不思議な外見をした生物や植物がイラスト付きで紹介されている。漢字にふりがながふってあり子供向けの図鑑

私の感想

子供向けの図鑑で説明文が簡潔でわかりやすく(情報不足ではあるが)、一度見たら覚えてしまうような特徴的な生物や植物を知る事ができるので良いと思います。

お気に入りは手足の長いウサギ「ホッキョクウサギ」、ポケモン風の可愛い「テングモウミウシ」、世界一ブサイクと呼ばれる「ニュウドウカジカ」。

欠点としては図鑑の図が抽象的なイラストという点です。イラストそのものは良く書けているのですが生物図鑑といえば写真もしくは緻密な写実的イラストで臨場感や生々しさがあるべきだと思います。

キモイのでメインの話題としては使えませんが話の種や雑学としておすすめです。

本の情報

著者ろう
實吉達郎(監修)
川崎悟司(イラスト)
バニえもん(イラスト)
出版社KADOKAWA 
発売日2020/05/27
ページ数184ページ
価格¥605 kindle版
¥1,210 単行本
Kindle Unlimited対応
(2021/04/09時点 税込み)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA