パナソニック 4Kデジカメ LUMIX DMC-FZ1000購入

DMC-FZ1000 パッケージ
 Panasonic 4Kフォト/4K動画対応のデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ1000」購入たので紹介。

*製品名=LUMIX FZ1000 (DMC-FZ1000)
*メーカー=パナソニック株式会社
*希望小売価格=オープン


パッケージ
DMC-FZ1000 パッケージ

付属品
DMC-FZ1000 付属品
 本体、バッテリー、充電器、レンズフード、レンズキャップ、ショルダーストラップ、USBケーブル、DVD、説明書類

本体
DMC-FZ1000 本体左正面
DMC-FZ1000 本体右正面
DMC-FZ1000 本妻側面
DMC-FZ1000 本体背面

レンズ広角側(電源ONの初期状態)
DMC-FZ1000 レンズ広角側
レンズ望遠側
DMC-FZ1000 レンズ望遠側
 電源OFF時にレンズフード先端まで全長18cm・電源ON広角端で19.5cm、望遠端23.5になる。

フラッシュ
DMC-FZ1000 フラッシュ

液晶画面
DMC-FZ1000 液晶


撮影サンプル
下記を御覧ください(※Web掲載のため縮小加工してあります)
あちあち情報局:日記帳 2015年6月25日 カメラのテストのため豊橋総合動植物公園に行って来ました


感想
 外観は見た目どおり一眼レフのような形状ですが、レンズ部の鏡筒がとても太くなっています。重さも831g(バッテリ/SDカード含む)と重く一眼レフクラス。

 基本性能面は、1.0型2010万画素センサー、16倍ズーム(25mm-400mm相当)、F2.8-4.0の明るいレンズ、撮影機能など価格に見合った性能で綺麗に撮影できます。自分はあまりカメラに詳しく無いため、どのカメラにもあるような基本的な部分の感想は省略します。

 バッテリーはカタログ値で静止画360枚/4K動画110分、自分がカメラテストのため動物園で撮影した感じでは、通常撮影130枚と4K動画約40分を行い約半日(朝9時-昼2時)ほどで電池が切れました。連続して使用したわけれはないし連写などで撮影した所もありますが、1日旅行で使うなら予備バッテリーが1個以上ほしい所です。USB充電に対応してないのが残念。

・4K動画と4Kフォト

 4K動画は、フルHDまでしか再生できる環境が無いので本来の綺麗さはわかりませんが、データ量が多いためか普通のフルHD動画よりも綺麗に見える感じがします。

 4Kフォトは、動画からの切り出しなので画質の劣化の程度が気になってましたが、試した感じでは色の深みや精細感があり素人が使うには十分な画質、フルHDの液晶で見たりL判プリントなら問題が出ることは無いと思います。
 
 欠点はファイル容量が大きく保存には大きなストレージ(HDD)が必要、おおよそ1分600MB以上のファイルが出来ます。またPCでの動画再生/編集にはマシンパワーが必要でカタログではCorei7 3.5GHz・Windows7/8/8.1 64bit・メモリ8GB・ビデオカードは4Kハードウェアデコード対応のビデオメモリ2GBが最低環境、自分のパソコンはCore i7-4770 3.4GHz(ブースト時3.9GHz)、Windows7 64bit、8GBのメモリ、ビデオカードはCPU内蔵のIntelHD4600(4Kハードウェアデコード対応)とギリギリの環境で4K動画再生時はCPU使用率35%から45%程度とバックグランドでソフトが動いてなければ特に再生に支障はありませんが、動画編集は1分の動画にタイトルを付けただけで出力するのに15分ほどかかりました。

・現在、気になっている点は3点

 1点目はレンズ部からの音、電源ONの状態でAFや手ブレを切った状態でもモーター音のような連続した音が聞こえます。静かな室内で電源を入れると聞こえ、気にしなければ気にならない程度だが、ファインダーを覗いて集中して撮影したい人には不向きかも。
 
 2点目は多用するオート撮影時にはAF補助光だけを止める事ができません。AF補助光は少し暗いだけでも条件によって勝手に発光し、赤色の明るい光なので目立ちます。また他の人の撮影と光がかぶったりして迷惑になるのでAF補助光だけ止めれないのは大きな欠点です。止める方法は「マニュアルフォーカスでの撮影」「シャッターが電子式になってしまうサイレントモード」の2点とオート以外の撮影なので何かを犠牲にする必要があります。

 3点目はフォーカスのAF+MF設定時にAFが合焦しないとMFで調整できない。
 AF+MF設定はシャッター半押しでフォーカス自動で調整した後に手動でフォーカスを調整できる機能なのですが、何も無い空や単色の壁・窓ガラスごしの撮影などでAFポイントが決定できない時に合焦できない事があり、その時にマニュアルでの調整に入れません。こう言う時のためのAF+MFなのになぜ?と疑問を感じます。

 総合的に見て4Kフォトの撮影できる「LUMIX DMC FZ1000」はとってもオススメ。
 フルHDに比べ格段に画質が良い4K動画が撮影でき、その中から決定的なシーンを切り出せるのはすごく便利。動く被写体向けだけでなく動かない被写体でも自分から積極的に動いて色々なアングルで撮影しておくと思いもよらないベストショットが収められている事があったりと、静止画にすれば数百枚の写真に相当する動画の中から「厳選された1枚」を取り出すので、撮影が上手くなった感じがします。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる 」です。


リンク
>パナソニック株式会社
http://panasonic.jp/
>製品情報
http://panasonic.jp/dc/fz1000/

ご意見・ご感想・ご質問などあればどうぞ.
(ご質問への解答は努力しますが期待しないで下さい)

注意「HTMLタグ禁止」「*は必須項目」「管理者の承認後に表示」
メールアドレスは公開されません。

*