風船型ソーラーランタン「Luci」

Luci点灯
 空気を入れ風船のように膨らまして使用するソーラーランタンLuci(ルーシー)を購入。

*商品名=Luci 「LUC-314A」
*メーカー=ランドポート株式会社
*希望小売価格=2625円(直販)
*実売価格=2350円(Amazon.co.jp 11/30時点)


パッケージ表
Luciパッケージ表
パッケージ裏
Luciパッケージ裏


 収納状態のサイズは約直径130mm×高さ25mm×重さ100gの超小型・軽量設計。

本体(収納時)表
Luci本体表
本体(収納時)裏
Luci本体裏


 空気を大人なら3-4回ほど吹き入れると膨らみ、直径130mm×高さ100mmほどになります。上下に持ち手があり、内側は底面にLEDが10灯、上面はミラーになっている。
 ソーラーパネル側の中央にスイッチがあり、押すたびに「Low-High-点滅-OFF」と切り替わります。

空気入れ(栓)部
Luci本体 栓
LED
Luci本体 LED部
サイズ比較
Luci本体 比較


 明るさは、同価格帯の製品の中では明るい方(下記の2製品と比較)だと思いますが、広い空間で使うには暗い。
 光の色は白色だが、風船のシワが折り重なるような影として写しだされるので、新聞など小さな文字は読みにくいし絵なども見難い。
 光の広がりは、底面のライトが天板のミラーに反射する構造なので上方向が最も明るく、次に下方向が明るく、水平方向はあまり明るくありません。(下の写真はランタンを壁に寄せて点灯しており、壁面から上方への広がりと本体底部の広がっているのが見れる。)目線の高さにランタンがあってもLEDの明かりが直に目に入らず眩しく無い点は良いが、ランタンを机においても水平方向が暗いので机の上は明るくなりません。
 用途としては1-2畳のテント内など狭い空間でランタンを床か天井に設置して使えば十分な光量で全体的に明るく使えます。

点灯
Luci点灯
光の広がり
Luci 光広がり


比較
 以前レビューしたパナソニック「BG-BL01-W」(購入3981円)とAervoe Industries, Incの「SOL-120」(購入3581円)と比較では。
 明るさは(最も明るい方向で)、「本機のLow=BG-BL01-WのHigh>SOL-120のHigh」の順番に明るく、本機のHighは比較機より少し明るいです。
 明かりの質は、BG-BL01-Wがホワイト一色で本など見やすく、SOL-120はすこし青みのあるLEDでプラスチック製のセード(傘)の歪みやキズが影が出るため見やすいとは言えませんが本を読む程度なら気になりません。本機はホワイトのLEDですがシワが折り重なるよな影として出ます、光量があるので本が読めない事はありませんが、シワ(明暗)が気になり本を集中して読む事はできません。

スペック面は
 パナソニック「充電時間はソーラー:15時間、使用時間は強10時間で弱60時間、防水、USB充電可能、乾電池使用」、長時間使用できる反面、充電時間も長くソーラー充電は1日以上必要。またこのソーラーパネルは少しでも日が遮られると一切充電できない欠点がある。重量216g(電池含む)
 SOL-120「充電時間はソーラー:10-12時間、使用時間は強30分で弱60分、手回発電可能」充電時間の割に使用時間が短すぎる、手回し発電ができるのがメリット。重量248g
 本機「充電時間はソーラー:8時間、使用時間は強6時間で弱12時間、防水」充電時間と使用時間とも実用的な時間(※冬の充電可能な日照時間はおよそ9時間+睡眠時間が7時間+活動時間8時間=24時間)、ただし手回し発電や乾電池やUSB充電など外部入力は無いので内蔵電池が空になった後は使用できない。重量100g


感想
 非常用としては防水・明るいので良いですが、空気を入れたり抜いたりするのが少し面倒です。またアウトドアでは軽量&防水のメリットがある反面、軽量すぎて風で飛ばされる可能性やビニール製のため強度が少し心配。
 手持ちのランタンの中では明るい方なので、就寝前の卓上ライトとして使ってます。


リンク
>ランドポート株式会社
http://www.landport.co.jp/ 
>製品情報
http://www.landport.co.jp/product/air/

ご意見・ご感想・ご質問などあればどうぞ.
(ご質問への解答は努力しますが期待しないで下さい)

注意「HTMLタグ禁止」「*は必須項目」「管理者の承認後に表示」
メールアドレスは公開されません。

*