明るいF2.0のレンズを採用したデジカメ「PowerShot S90」


1000万画の高感度CCDセンサーとF2.0の明るいレンズを採用し、暗い所でもフラッシュなしでノイズの少ない綺麗な写真が撮れるコンパクトデジカメ。

*商品名=PowerShot S90「PSS90」
*メーカー=キヤノン株式会社
*希望小売価格=オープン価格
*発売日:2009年10月
*実売価格=33120円(Amazon.co.jp 2/6時点)
*大きさ(幅×高×奥×重)=約100×58.4×30.9mm×175g(本体のみ)


主な仕様
画像素子:1/1.7型CCD 1000万画素(有効画素)
焦点距離:28-105mm(35mm換算) 3.8倍ズーム
開放F値:F2.0-4.9
撮影距離:50cm-無限/マクロ5-50cm(W)から30-50cm(T)
モニター:46.1万ドット3.0型TFT液晶
ISO感度:80-3200(ローライト時は12800まで)
シャッター速度:1-1/1600秒(オート)、15秒-1/1600秒(手動)
絞り:F2.0-F8.0(W)/F4.9-F8.0(T)
内蔵ストロボ:50cm-6.5m(W)/50cm-2.5m(T)
静止画記録:最大3648×2736ピクセル、RAW記録に対応
動画記録:最大640×480ピクセル30fps、MOV(H.264/リニアPCM)
動作時間:220枚/5時間


パッケージ
正面

背面:動作環境にWindows7が無い、サポートではZoomBrowser EX Ver6.5.1でRAW画像編集不可、Digital Photo Professional Ver3.8以降を使う必要がある。

付属品
本体、説明書、保証書、バッテリー、充電器、ドライバーCD、映像コード、USBコード、ストラップ

本体
前面:黒色をベースとしたスッキリとしたデザイン

背面:3.0型の液晶モニターを装備、操作は右側に集中している。

上部操作ボタン:上面の左から電源・コントローラーリングの機能切り替え・ズーム・撮影モード切り替え

背面操作ボタン:丸いボタン(コントローラーホイール)は上下左右だけでなく回転する事ができる。

コントローラーリング:レンズの外周は回して絞りやズームなどの操作ができる。


感想
まだそれほど使ってないので気に入った所だけ紹介します。
さすがF2.0の明るいレンズを使っているだけあって暗い場所での映りはとても良いし、シャッター速度もそこそこ速い。これなら暗いけどフラッシュが焚けない時でもノイズが少ないく撮れるし、、三脚の使えない暗い時場所でも手ぶれが少なく撮影できそうです。

上級者には「RAW記録」や「シャッター速度・ISO感度・ホワイトバランス・フォーカス・露出補正」などの設定がコントローラーリング手軽に操作でき、初心者には22種類のシーンを自動判断するオート機能で撮影できる。

一眼レフカメラは大きいしコンパクトデジカメは機能が少ないと言う方はコンパクトで多機能なPowerShot S90 がお勧めです。


リンク
>キヤノン株式会社
http://canon.jp/
>製品情報
http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s90/

ご意見・ご感想・ご質問などあればどうぞ.
(ご質問への解答は努力しますが期待しないで下さい)

注意「HTMLタグ禁止」「*は必須項目」「管理者の承認後に表示」
メールアドレスは公開されません。

*