ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた驚異の大宇宙 第5版

辛口評価:★★☆☆

宇宙好きの人向け、一般人には高尚すぎる。

本の内容

ハッブル宇宙望遠鏡からの宇宙の星々の写真が約300枚ほど収録されています。

私の感想

良かったところ。

色々な星や星雲があることがわかります。

悪いところ。

ハッブルで撮影した写真が雑然と並べてあるだけです。

写真は研究用に撮影されている物で鑑賞性を追求したものではないため立体感がなくノッペリしていて宇宙の広さや大きさなどをあまり感じる事ができません。

また、聞いた事のない名称の星ばかりで説明も最小限なので写真の星について自分で調べる必要があります。

まとめ

宇宙に詳しい人が読めば良さを理解する事はできますが、一般人だと見て終わりです。

本の情報

著者岡本典明
出版社株式会社ブックブライト
発売日2020/04/27
ページ565ページ
価格¥1,250 Kindle版
kindleUnlimited対応
2021/05/12時点 税込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA