あちあち情報局

趣味や日曜プログラムなどを書いています

ユーザ用ツール

サイト用ツール


memo:からいは関東と関西で違う

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
memo:からいは関東と関西で違う [2019/02/28 20:01]
管理者 [関西は感情表現・関東は味表現]
memo:からいは関東と関西で違う [2019/03/08 08:02] (現在)
管理者 [料理の違いよる違い]
ライン 49: ライン 49:
 (*2 例えば、大根の煮物は、味を付けるのではなく大根をどうおいしく感じさせるかで調理しているので、味を指定しても大根の味は変わりません) (*2 例えば、大根の煮物は、味を付けるのではなく大根をどうおいしく感じさせるかで調理しているので、味を指定しても大根の味は変わりません)
  
-関東では料理が多彩なため「濃い味・薄い味」だけでは語彙が足りずコミュニケーション不足になったので「濃い味・薄い味」+「甘い味・辛い味」に加え、新しく「苦い味・ショッパイ味・酸っぱい味」が増えなど直接的な味の表現を使わなければならくなったのではないかと思います。+関東は関西よりも後発で調味料の発達や味への研究が進んでいた事と山菜だけでなく海産物など資源から調理のパターンが増えた事などから「濃い味・薄い味」だけでは語彙が足りずコミュニケーション不足になったので「濃い味・薄い味」+「甘い味・辛い味」に加え、新しく「苦い味・ショッパイ味・酸っぱい味」が増えなど直接的な味の表現を使わなければならくなったのではないかと思います。
  
  
memo/からいは関東と関西で違う.txt · 最終更新: 2019/03/08 08:02 by 管理者